読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の活動を紹介しています!

「ニュースは紙で伝わった‐被災地・大槌でゼロからメディアを立ち上げる‐」を早稲田大学で開催します

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は9月22日(土)に早稲田大学で「ニュースは紙で伝わった‐被災地・大槌でゼロからメディアを立ち上げる‐」を開催します。
岩手県大槌町で取り組む新たな地域メディア大槌みらい新聞」は、大槌からの情報を全国に届けるだけでなく、大槌と他の地域をつなげていくことを目標としてきました。7月30日に活動拠点「NewsLab♡おおつち」を開設、夏休みは15名の学生インターンが、メディアの立ち上げ、取材、町民を巻き込んだレポーターなどの取り組みを展示します。
大槌みらい新聞の特徴といえる「町民カレンダー」、学生が撮影した写真の展示、学生チームによる展示開設のツアーやミニワークショップ、パネルディスカッションを予定しています。会場は早稲田大学大学院ジャーナリズムコースの協力を得ました。

[日時]9月22日(土曜日)10時30分〜16時30分

  • 11時から12時30分までパネルディスカッション
  • 13時30分から16時まで、学生による展示説明ツアー、ミニワークショップを実施します

<13時30分以降のタイムスケジュール>
  13時30分 学生による展示案内①
  14時00分 ミニワークショップ①
  14時30分 学生による展示案内②
  15時00分 ミニワークショップ②
  15時30分 学生による展示案内③

[会場]早稲田大学26号館402(会場へのアクセスはこちら)

[参加費]無料

[申し込み]パネルディスカッションに参加される方はFacebookイベントページで「参加」を押してください。展示、展示ツアー、ミニワークショップは事前申し込みの必要はありません。

【追記】パネルディスカッションでは、新聞協会賞を受賞した朝日新聞の連載「プロメテウスの罠」に取り組んだ依光隆明さん、Yahoo!のトピックス編集者伊藤儀雄さん、JCEJ運営代表の藤代の3人で、「伝える工夫」「読まれるための工夫」について話し合います。

【関連】

【毎日活動日記を書いています!】

【支援のお願い】