読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の活動を紹介しています!

実力派デスクと腕を磨く3日間 「ジャーナリストキャンプ福島」を開催

ジャーナリストキャンプ

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、5月4日から2泊3日の日程で「ジャーナリストキャンプ福島2013」を開催します。初めてデスク制を導入し、チームで企画力、取材力、表現力を競い合います。デスクには、『フクシマ論』で知られる社会学者の開沼博さん、東日本大震災被災地を書き続ける河北新報編集委員の寺島英弥さん、前ニコニコニュース編集長の亀松太郎さんが就任。データジャーナリズム部門は、JCEJの運営委員赤倉優蔵が担当します。

【追記】新聞協会賞を受賞した朝日新聞の連載「プロメテウスの罠」に取り組んだ依光隆明さんがデスク陣に加わることになりました。これでデスク5人が確定、各分野で活躍中の豪華デスクがそろいました!

異なる立場や組織の枠組みを越えて、全国から集まった参加者やデスクと、意見をぶつけ合いながら、一つの作品を完成させるのは、ジャーナリストキャンプでしかできない経験です。キャンプで得たネットワークは大きな財産となるでしょう。

舞台は、東日本大震災被災地・福島県いわき市です。いわき市出身の開沼さんの協力で実現しました。メディアを通して表現される「福島」は、原子力発電所事故とその周辺地域、福島市南相馬市の話が多く、いわき市周辺は報道される機会が少ないという問題意識が発端になっています。寺島さんも福島県相馬市生まれで、福島にゆかりあるデスクを迎えることができました。

キャンプでは、チームで記事や動画の完成を目指します。現在、掲載媒体などの調整を進めています。3月下旬には参加の受け付けを開始する予定ですので、興味ある!という方は、日程調整をお願いします。宿泊は、JRいわき駅周辺で、各自確保していただく予定ですので、ご注意ください。

<日時、会場など>
日時:2013年5月4日(土)〜5月6日(月・祝)

主会場:福島県いわき市いわき産業創造館(JRいわき駅徒歩1分)
 
募集定員:15人程度(原則キャリア3年以上のジャーナリスト。既存マスメディアの記者に限らず、フリーランス、ブロガーなども含みます)

参加費:1万5千円(宿泊、食事別)

<参加デスク>(写真左から、敬称略)

  • 亀松 太郎 ジャーナリスト。1970年生まれ。東京大学法学部卒。朝日新聞記者として3年勤務した後、J-CASTニュースなどを経て、2010年に株式会社ドワンゴ入社。前ニコニコニュース編集長。ネット生中継の番組企画のほか、自ら出演もしている。
  • 依光 隆明 朝日新聞社編集委員。1957年高知県生まれ。高知新聞で社会部長、経済部長などを経て、08年朝日新聞に入社。特別報道部長として福島原発事故に迫った「プロメテウスの罠」の取材班を束ねた。2012年4月から現職。高知新聞時代の2001年に県庁の不正融資をテーマにした「県闇融資報道」に続き、2012年「プロメテウスの罠」でも日本新聞協会賞受賞。


<スケジュール>(予定)
5月4日(土)13時開始 趣旨説明、自己紹介など
5月5日(日)取材、企画発表
5月6日(月)取材、企画発表 12時半解散

<注意事項>
記事の執筆は合宿後に行います。メールやソーシャルメディを利用した事前の情報共有などを予定。また、合宿中は深夜まで議論が行われます。

<問い合わせ先>
JCEJ運営委員・田中輝美:tanakaterumi0(アットマーク)gmail.com

ジャーナリストキャンプは、日本ジャーナリスト教育センターが運営する、スキル向上を目的とした合宿形式のトレーニングプログラムです。2010年に立教大学新座キャンパスで第一回を行い、2011年は島根県飯南町で、開催しました。島根県飯南町でのキャンプには、地方紙やブロック紙の記者、PRパーソン、エンジニアなど、全国から多様な10人が参加し、6本がweb経済メディア・JBpressに掲載されました(参考:ジャーナリストキャンプ飯南2011の記事がJBpressに掲載されました)。「ジャーナリストキャンプ福島2013」はミドルキャリア向けとなっています。