#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(Japan Center of Education for Journalist)の活動を紹介しています!

『ローカルジャーナリストガイド』を使ったワークショップをYahoo!基金主催の講座で開催しました

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は9月12日、Yahoo!基金主催の知らせる力プロジェクト『ローカルジャーナリストガイド』で学ぶ「書き手」講座で講師を担当しました。5月に完成した『ローカルジャーナリストガイド』を使い、第一章のニュースの発見を参加者と一緒に学びました。 

f:id:jcej:20180912190334j:plain

講座は、NPOなどが取り組んでいる「社会の課題」をより多くの人たちに「届ける」ことを支援するYahoo!基金NPOの知らせる力プロジェクト」の一環です。

「ネットユーザーのご寄付をもとに開催しています」と説明するYahoo!基金の担当者。

f:id:jcej:20180912133245j:plain

会場は宮城県内のNPO活動を支援する「みやぎNPOプラザ」。午後の部と夕方の部の2回開催した講座には、宮城県内だけでなく、福島や秋田からNPO職員らの参加がありました。

f:id:jcej:20180912182245j:plain

受講者からは「勉強になった」「自分ごとが大事と聞いて勇気をもらった」「人にお願いして書いてもらう際は、書き手の視点を大切にしたい」との感想がありました。講座の後には懇親会が設けられ、質疑や交流で盛り上がりました。 

f:id:jcej:20180912185957j:plain

 『ローカルジャーナリストガイド』は、地域から発信する際に必要な技術や心構えについて体系的に学ぶことができる1冊です。JCEJではガイドを使ったワークショップを各地で行っていく予定です。

How fake news spread during Japan’s 2017 lower house election

By Hiroyuki Fujishiro, Associate Professor at Hosei University and the Founder of the Japan Center of Education for Journalists

In Japan, the dissemination of mis- and disinformation has been accelerated by online media platforms including one of the most popular news portal sites in the country, while traditional media channels continue to play down its impact on social media users. During the country’s lower house election in late 2017, the Japan Center of Education for Journalists (JCEJ) and a dozen of students at Hosei University launched a collaborative verification project to delve into the ecosystem surrounding the so-called “fake news” in Japan.

f:id:jcej:20180905105140j:plain

Five debunks

The project was launched as soon as Prime Minister Shinzo Abe resolved the House of Representatives on Sept. 28, 2017. Through Oct. 23, 2017, a total of nine Hosei University students majoring in Media Studies monitored Twitter and Facebook every day in search for questionable information associated with the election. The students used various queries including names of political parties and candidates to search for possible misinformation.

A total of 275 items of social media content were collected over the course of roughly a month. Each student limited the time of web searching to one hour per day, but more questionable claims and articles would have been found if they had spent more time.

JCEJ sent out daily emails containing questionable social media posts gathered by students to 19 collaborating journalists at national and local newspapers as well as TV broadcasts. The journalists received a total of 195 questionable social media content and posts, excluding incorrect reports by major media outlets and remarks by politicians that we did not intend to fact check in the project. JCEJ then posted a total of five items debunked by three or more journalists on its blog.

The following chart shows details of the five pieces of content labeled as “debunked(フェイク判定)”, their original sources, and which platforms they were mainly disseminated.

f:id:jcej:20180905102141p:plain

Chart: A list of debunked social media content
How false content on opposition and ruling parties spread differently

Four of the five items debunked by three or more journalists were related to opposition parties. However, when observing other questionable items which we did not post on the JCEJ blog, we noticed that there was also a fair amount of dubious claims associated with the ruling Liberal Democratic Party (LDP) led by Prime Minister Abe. In fact, 47 items were related to the LDP, 45 to the Party of Hope, 27 to the main opposition Constitutional Democratic Party of Japan, 19 to the Communist Party, 16 to the now-disbanded Democratic Party, 6 to the Japan Innovation Party, and 3 to the Komeito party, the LDP coalition partner.

By candidate, 33 were questionable posts related to Prime Minister Abe, 27 to Tokyo Gov. Yuriko Koike, the former leader of the Party of Hope, 9 to the Constitutional Democratic Party of Japan leader Yukio Edano, and 6 to Kiyomi Tsujimoto of the main opposition party.

It is worth mentioning that although we had more questionable social media content related to the ruling LDP and Prime Minister Abe, the debunked items that circulated widely online were mostly associated with opposition parties. For example, there were only six questionable posts and articles collected about the main opposition party’s Tsujimoto –- the former senior deputy secretary-general of the now-disbanded Democratic Party of Japan -- but two of them were labeled as fake.

f:id:jcej:20171002225307p:plain

A screenshot from J-CAST News Twitter account

Although we are conducting further research on this point, fake content related to the ruling party may generate less engagement among internet users compared to that of opposition parties. For example, an article we debunked by J-CAST News, falsely claimed both in its title and content that Tsujimoto went insane and lost her mind during the election campaign period, which was carried by Yahoo News Japan, the country’s biggest news portal.

The false article was then further disseminated through other websites and news aggregation websites. Meanwhile, the spread of political rumors about the ruling LDP and its candidates seem to have been limited within Twitter. Japan’s online media tend to be energized by rumors surrounding opposition parties and its politicians.

Challenges in the debunking process

We only published five debunks by the end of the project. This is partly because the collaborating journalists considered the debunking process fairly time-consuming and complex. For example, in attempting to debunk the article which falsely claimed that Tsujimoto had applied for an official recognition by the Party of Hope, it was not enough to verify with Tsujimoto herself. Very often politicians do not provide journalists the truth, while political situations could develop faster without the candidate knowing about it. Debunking rumors requires journalists to contact multiple sources before reaching accurate judgments.

Despite journalists having to engage in vast amount of work during the debunking process, debunked content is often not considered newsworthy in Japan. One of the participating journalists admitted that “(False news that circulates online) are beneath our notice in light of the existing criteria for what makes news. It’s hard for us to generate stories on them.” In fact, although some media outlets were interested in our project, no newspapers or TV broadcasts directly mentioned or reported the actual content of any of the five debunked items.

Meanwhile, online platforms were disseminating mis- and disinformation about certain political candidates during the election campaign period. This is due to irresponsible internet companies who claim being simply platforms, but not news media. Fake news continues to be disseminated by online media, but neglected by traditional media.

f:id:jcej:20171021134634j:plain

A pair of debunked Twitter posts claiming it is illegal for non-Japanese residents to participate in election campaigns
A “cluster” of accounts connected through fake content and filter bubbles

“That politician is a satellite of Xi Jinping.” “Half of the politicians of the four opposition parties are from South and North Koreas.” These were a typical of questionable social media claims we saw.

Some journalists who participated in our project were astonished to see such claims being shared widely as these types of social posts would usually not be found on their timelines. Others played it down, saying nobody would believe such rubbish.

The journalists asked if younger generations such as the students who monitored social media throughout the election campaign would often encounter these types of rumors, but none of the students had never seen such information on their timelines either. “This would drive me crazy if I kept watching (the posts),” said one of the students.

We also found that there are clusters of Twitter accounts that actively share and retweet articles on websites that carry fake news. None of us knew about these accounts before the project, because neither journalists nor students had followed these accounts: filter bubbles had most likely prevented us from spotting them.

 

* * *

Disclaimer: This blog post is based on the article published in the 2018 February issue of GALAC (Housou-Hihyou-Kondankai), “Fake news surrounding the lower house election: measures to combat disinformation and the challenges.” The original article in Japanese was edited and translated by Hiroyuki Fujishiro and Kayo Mimizuka.

 

Our project was featured in articles by Nieman Lab and The Straits Times (via Kyodo News). 

www.niemanlab.org

www.straitstimes.com

「APAC Trusted Media Summit 2018」にJCEJ運営委員が参加しました

アジア太平洋地域のファクトチェック団体などが取り組みを共有する「APAC Trusted Media Summit 2018」が7月23日〜27日、シンガポールで開催されました。日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)からも運営委員が参加し、8月10日には東京都内で報告会を行いました。

f:id:jcej:20180811100212j:plain

 サミットは、グーグル・ニュース・イニシアチブ国際ファクトチェックネットワーク(IFCN)などが主催。計25ヵ国から、ジャーナリストやファクトチェッカー、研究者ら139人が参加し、「フェイクニュース」をめぐる各国の状況や課題について議論しました。

カンファレンスでは、対策に取り組むジャーナリストらによるパネルディスカッションが行われました。初日は、インドネシアで22のデジタルメディアが連携して立ち上げた事実検証プロジェクト「チェックファクタ(CekFakta)」についての報告がありました。

また後半には、インターネットの偽コンテンツを見分ける方法ついて学ぶ3日間の「ブートキャンプ」も開催され、実際に世界の現場で使われているデジタルツールを駆使した実践的なトレーニングが行われました。

f:id:jcej:20180725130828j:plain

 

10日の報告会にはメディア関係者らが参加し、ブートキャンプで学んだ具体的なツールやスキルを紹介しました。また、アジア各国でのフェイクニュース拡散状況について詳しく報告するとともに、日本の現状や対策に関しても意見が交わされました。

サミットの詳しい内容については、こちらの記事もご覧ください!

 

 

 

「ローカルジャーナリストガイド」完成記念イベントを開催しました!

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は5月25日(金)、「ローカルジャーナリストガイド」の完成を記念して、ヤフーのコワーキングスペース「LODGE」でイベントを開催しました。地域メディアNPOなどから50人が参加、最も遠い参加者は鳥取県からでした! 

f:id:jcej:20180527000828j:plain

最も難しい「どうやってニュースを見つけるのか」

ガイドは、1章のニュース発見、2章の取材、3章の執筆、4章の発信、そして5章の心構えまで、シーン別に細かく分かれています。その中でも、苦労したのは「ニュースの発見」でした。

ローカルジャーナリストでJCEJ運営委員の田中は「地域で情報発信をしたい人と話をすると、ニュースとは何か分からない、とよく聞かれる」と指摘。栃木県足利市NPOコムラボの山田雅俊さんも、「自治体のライター講座を運営しているが、どうやってニュースを見つけるのか、受講生から必ず聞かれる」と話しました。

執筆者で議論を重ね、「自分の驚き、ワクワク、があるかどうかが一番大切」「それがないニュースは、読んだ人にも届かない」とし、発信の種を見つける参考にしてほしいと伝えました。

また、ガイドの各章にはよくある「失敗談」も盛り込まれています。

朝日新聞記者の関根和弘さん(ハフポスト日本版ニュースエディター)は「ガイドの中で一番役立つと思っている。(記者の仕事の中で)膨大な数の失敗を積み重ねて(学んで)きたので、参考にしてほしい」。 沖縄タイムス記者の與那覇里子さんは「方言は効果的だけれど、そのままでは伝わらない」とポイントを解説しました。

f:id:jcej:20180527003207j:plain

自分のワクワクから「地域ごと」を考えて

後半は、地域メディアの記者、企業の広報やライター、NPO職員など、様々な参加者とグループに分かれてディスカッションを行いました。

地域から情報を発信しようとブログを書いていたという参加者の「何を書いていいのか分からなくなり、続かなかった」という相談に、執筆者はガイドを示しながら、自分のワクワクから出発し「地域ごと」を考えてほしい、などと回答しました。

ほかにも、「相手が伝えたいことと、こちらが伝えたいことの間にギャップがある場合にどうすればいいか」、「地域からの発信にはよそ者目線が必要ではないか」など、幅広い議論で盛り上がりました。

イベントにお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました! 

f:id:jcej:20180527003416j:plain

JCEJでは、地域で暮らし、地域から発信したいと思っている方々、どうしたらいいか悩んでいる方々に届くように、ガイドを使った講座を各地で開催していく予定です。講座は決まり次第、このブログでお知らせしていきます。

【終了しました】「フェイクニュースから見るデータ社会のインテリジェンス」 ~プラットフォーム企業、広告モデル、民主主義のあり方~

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、「A Field Guide to Fake News and Other Information Disorders」の日本語版「フェイクニュース調査のためのフィールドガイド」の公開を機に、政策分析ネットワークと共催し、フェイクニュースとデータ社会のあり方について考えるイベントを開催します。

<開催趣旨> フェイスブックからデータを収集したケンブリッジアナリティカによるアメリカ大統領選挙における世論操作、ロシアによるフェイスブックツイッターの広告を利用したプロパガンダが大きな問題となっています。プラットフォーム企業によるデータ収集と利用、それを支える広告システムが、民主主義社会を揺るがし、企業のリスクにもなっています。国内でも文具専門店の伊東屋がデータ活用方法に賛同できないと、フェイスブックページの閉鎖を決めています。その一方、データ活用を国家的に推進するロシアや中国とどのように対峙するかという問題もあります。プラットフォームへの規制、広告のあり方、ジャーナリズムの役割、インテリジェンス、などについて幅広く議論します。

日時:2018年6月9日(土)14:00~16:00

場所:新日本有限責任監査法人・第1セミナールーム :(日比谷国際ビル5階:千代田区内幸町2-2-3)

定員:200名(先着順)

参加費:無料

主催:政策分析ネットワーク、日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)

 

パネリスト:

NHK報道局ネットワーク報道部副部長 足立義則

ソーシャルメディア情報を分析、収集、報道と連携するソーシャルリスニングチームSoLT担当

日本経済新聞編集委員 奥平和行

シリコンバレー支局、名古屋支局などを経て現職。IT、自動車、スタートアップを取材

株式会社企(くわだて)代表 クロサカタツヤ

各国のネットや通信事業の政策調査、コンサルティングを行う。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授

スプラウト代表取締役 高野聖

ホワイトハッカー集団によるセキュリティ企業の代表。著書にサイバー空間の無法地帯に迫った『闇(ダーク)ウェブ』

JCEJ代表運営委員 藤代裕之

ジャーナリスト、法政大学准教授。著書にフェイクニュースとネットの構造を取材した『ネットメディア覇権戦争 - 偽ニュースはなぜ生まれたか』

 

全体進行係:政策分析ネットワーク事務局長 田幸大輔  

【政策分析ネットワークについて】 「立法・行政(中央省庁/地方自治体)・ 民間企業・大学・シンクタンク・マスコミ・ NPO/NGO有識者」などの政策関係者による、 様々な政策課題(社会課題)について、 「政策議論(建設的な官民政策対話)」と 「官民人的交流」の促進を図るための、 「官民連携型:政策プラットフォーム」。1999年4月設立、代表:東京大学名誉教授 伊藤元重

 

jcej.hatenablog.com

栃木県足利市、長野県松本市でメディアリテラシー講座を開催しました!

ソーシャルメディア上の誤情報に惑わされないためにはどうすればいい?

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)運営委員の耳塚佳代が、4月29日に栃木県足利市、5月13日に長野県松本市メディアリテラシー講座を開催しました。Readyforのクラウドファンディング「ネットを信頼できる場所に。フェイクニュース調査プロジェクト」にご支援いただいた方々へのお礼として実施し、2会場で計19人が参加してくださいました!

f:id:jcej:20180429101122j:plain

善意のつもりでも......

足利市の講座参加者は、主にライターとして地域の情報を取材・発信している方たち。講座ではまず「フェイクニュース」問題をめぐる海外の動向を解説。日本国内でも、大手IT企業ディー・エヌ・エーDeNA)が運営するサイトで根拠があいまいな医療情報などが掲載されていた問題や、事件や事故、災害時に拡散するデマなど、ソーシャルメディア上には間違った情報もあふれているという現状について学びました。

また、「フェイクニュース」と一言で言っても、記事や写真、だます目的で作られた偽サイトやなりすましアカウントなど、さまざまな形態が存在します。これを踏まえて、ソーシャルメディアの情報をシェアする前には、筆者名や連絡先、ページのアドレス、写真の撮影日時、引用されているソースは信頼できそうかーーなど、最低限確認すべき点についても確認しました。

特に災害時などは、間違った情報が人々の行動を左右してしまう場合もあります。参加者の一人は「善意のつもりでも、気軽にシェアすれば影響を与えてしまうことを意識できた。情報発信者としても、気をつけていきたい」と話していました。 

f:id:jcej:20180429104755j:plain

 なぜシェアしてしまうの?ワークで学ぶ

松本市の講座には、主に子育て世代や、教育に携わる方が参加。インターネットの記事を例に「事実」と「意見」を見分けるワークを通じて、情報との向き合い方を議論しました。一見すると「客観的な事実」のようでも、筆者の憶測や感想が混じった文章もあり、参加者の意見が分かれる場面もありました。

また、広く拡散される誤情報は、不安、驚き、怒りや好奇心といった感情を強く揺さぶるものが多い傾向にあります。実際にツイッターに投稿された偽コンテンツを用いて、「どんな感情を揺さぶる目的で作られているか」「どんな気持ちでシェアしてしまうのか」を議論するワークも行いました。

普段から、特に健康・子育てに関する情報との向き合い方に戸惑っていたという方も多く、「情報をどんな視点で見れば良いのか学べた」という感想もいただきました。

f:id:jcej:20180513111712j:plain

 クラウドファンディングを通じて、講座開催の機会をいただけたことに感謝しています。今後、リテラシー講座の内容はさらにブラッシュアップしていきたいと思います。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

 

JCEJは、クラウドファンディングのご支援で「フェイクニュース調査のためのフィールドガイド」日本語版を発行しました。無料ダウンロードが可能です。詳しくは下記ブログ記事をご覧ください。

 

【満員御礼】地域発信の教科書できました〜「ローカルジャーナリストガイド」完成記念イベントを開催します!

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、地域からニュースを発信したい人に向けた「ローカルジャーナリストガイド」を発刊します。完成に合わせ、5月25日(金)に東京都内でイベントを行います。この本を最も早くお届けすることができる機会となりますので、ぜひご参加ください!

*:本イベントは定員に達しましたので予定より早く締め切りました。申し込みありがとうございました。今後も各地でイベントなどを行う予定です。決まり次第ブログでお知らせします。

 

f:id:jcej:20180506195334j:plain

これまで、「地域からニュースを発信したいが、どうしていいのかわからない」という声をよく聞いていました。ジャーナリスト志望の人に向けて、文章の書き方や取材の仕方をまとめた本はありますが、取材は取材、文章は文章と分断されがちであること、また、新しいソーシャルメディア時代に対応できていないのではないかという問題意識もありました。

そこで今回は、地域からの発信を実践する記者やローカルメディア運営者など5人が執筆を担当。昨年9月から何度も議論を重ね、1章のニュースの発見から、2章の取材、3章の執筆、4章の発信、5章の心構え、まで順を追ってシーン別に細かく分解してメソッドとして伝えることを意識しました。

地域から発信する際に必要なことや気を付けるべきことについて、体系的に学ぶことができる1冊になったと思います。

イベントでは、この本を活用していただくために、執筆者からポイントなどをお伝えします。来場者のご意見は、今後の冊子のブラッシュアップに反映させていきます。

取材やライティングの経験者だけでなく、これから取材をしてみたい、地域の情報を発信してみたい、という方も大歓迎です。

 「地域発信の教科書できました〜『ローカルジャーナリストガイド』完成記念イベント」

 

◆日時

5月25日(金)19時〜20時30分(18時30分受付開始)

 

◆会場

東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス内 株式会社ヤフーのコワーキングスペース「LODGE」(当日は東京ガーデンテラス2階のエントランスから18階のイベント専用受付にお越しください)

 

◆登壇者(敬称略)
関根和弘 朝日新聞記者(ハフポスト日本版ニュースエディター)
田中輝美 ローカルジャーナリスト
山田雅俊 コムラボ 代表理事
那覇里子 沖縄タイムス記者

 

◆参加費

1,500円(会場にてお支払いください)
参加者全員に「ローカルジャーナリストガイド」(ver1)を配布します

 

◆定員
50人