読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の活動を紹介しています!

仙台市と福島県いわき市で『東北ローカルジャーナリスト育成講座(取材で話を「聞き出す」力)』を開催しました

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、11月26日に仙台市、27日に福島県いわき市で『東北ローカルジャーナリスト育成講座 取材で話を「聞き出す」力』を開催しました。鎌倉幸子さん(アカデミック・リソース・ガイド リレーションズ・ストラテジスト)を講師に迎え、取材で話を聞く際の基本姿勢や、良い質問をするためのスキルなどについて実践的に学びました。

f:id:jcej:20161127151150j:plain

「聞く」と「聞き流す」の違い

鎌倉さんはまず「聞く」と「聞き流す」の違いを説明。「頷きながら話を聞くと理解した気になるが、聞き流してしまうことも増える」とし、常に相手の話に心を傾けることが重要だと強調しました。

この基本姿勢を踏まえ、相手に質問しながら聞く「Active Listening(積極的傾聴)」と、だまって話を聞く「Passive Listening(受動的傾聴)」という2つの手法に挑戦。鎌倉さんは、どちらの聞き方にせよ「まずは信頼関係を得ること。時間はかかるかもしれないが、『傾聴』する姿勢が大切」とアドバイスしました。

仙台会場で参加した市役所職員の女性は「聞くことは、信頼の構築だと思った。役所では一方的な広報になりがちだが、傾聴をしていかないと市民と一緒にまちを作っていけないと実感した」と話していました。

f:id:jcej:20161127203930j:plain

「質問する力」を磨く

講座では、どうすれば取材で良い質問ができるかについても学びました。参加者は、相手が言ったことに対して即座に質問を5つ作るというアクティビティを体験。鎌倉の「やっぱりハンバーグは最高だね」という一言に対し、「自分で作ることはありますか」「付け合わせは何がいいですか」など様々な質問が飛び出しました。鎌倉さん自身も毎日訓練しているといい、一発勝負の取材で良い質問をするには日々の練習が大切だと話しました。

福島県で復興支援員をしている男性は「今の福島の状況は、外に発信しなくては意味がないと思い参加した。仕事で人に話を伺うことが多いが、質問を即座に作るアクティビティは日常のコミュニケーションにも活かせると思った」と話していました。

f:id:jcej:20161126144456j:plain

「地域の外に伝える情報発信」をテーマに東北6県で開催した講座には、6日間で延べ100人以上が参加しました。復興庁の「新しい東北 情報発信事業」に選定されている『東北ローカルジャーナリスト育成事業』では今後、合宿形式で取材・執筆を学ぶプログラムも予定しています。詳細はJCEJホームページで更新していきますので、ご確認ください。

 

<講座で使用した資料はこちらからご覧いただけます>

http://www.slideshare.net/1192sachiko/ss-69562510

 

<これまでの講座の様子はこちらから>

 

秋田県横手市と山形市で『ローカルジャーナリスト育成講座(地域の魅力を再発見するには)』を開催しました

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、11月19日に秋田県横手市、20日に山形市で「東北ローカルジャーナリスト育成講座」を開催しました。ローカルジャーナリストでJCEJ運営委員も務める田中輝美さんが「地域の魅力を再発見するには」をテーマに講義。どうすれば地元の魅力を発見し、外に伝わるかを考えました。

f:id:jcej:20161120145259j:plain

主語は「自分」でなく「相手」

講座では、地元の魅力を1つ選んで田中さんにオススメするというワークショップを行いました。田中さんが好んでいるローカル鉄道や武家屋敷の街並みなど、参加者からは様々な意見が飛び出しました。

田中さんは、魅力を伝えるときに「主語が自分ではなく、伝えたい相手になっていますか?」と問いかけました。「ターゲットが誰で、何を求めているのか。想像して、調べて、興味を持ってもらえるようにしっかり考えることが大切」と伝えました。

秋田会場で参加した地域おこし協力隊員は「これまで伝えたいネタはあっても、自信たっぷりに書いた投稿に対して反応がなかったこともある。どうすれば人に興味を持ってもらえるのか、改めて考えるきっかけになった」と話していました。

f:id:jcej:20150612173547j:plain

「なぜ魅力なのか」を深堀りする

住み慣れた地元の魅力には、なかなか気づきにくい場合もあります。田中さんは「対象者を変えて考えてみるだけでも、自分には見えていなかった魅力が見つかるかもしれない」と話しました。

また、自分が地域の魅力だと思うことについて「なぜ魅力なのか」を深堀りしてほしい、と参加者に伝えました。「そうすることで、(ニュースに)価値や普遍性が出てくる。おもしろいな、と思ったらそれで終わらせず、さらに調べてみてほしい」と話しました。

山形会場に参加したまちづくり担当をしている公務員は「山形のお米や果物はうまい!と言っても、なぜ美味しいのか、どういう育て方をしているかなど、『なぜ』を発信しなければ伝わらないのだと学んだ」と話していました。

本講座は、復興庁の「新しい東北」情報発信事業に選定された「ローカルジャーナリスト育成事業」の一環です。 11月26日(土)は仙台市、11月27日(日)には福島県いわき市で『取材で話を「聞き出す」力』をテーマに開催。いよいよ最後の講座となります。詳細は以下をご確認ください。

・参加には事前の申し込みが必要です。申し込みはこちらのフォームから

 

これまでの講座の様子はこちらからご覧いただけます。

声なき声を伝えるために『取材で話を「聞き出す」力』仙台市、いわき市で開催!

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)が復興庁と連携し、東北6県で開催する「地域の外とつながる情報発信」講座。アカデミック・リソース・ガイド リレーションズ・ストラテジストの鎌倉幸子さん(@1192_sachiko ) による『取材で話を「聞き出す」力』を、11月26日(土)に仙台市、27日(日)に福島県いわき市で開催します。両講座とも13時開始、15時30分終了予定です。

・参加には事前の申し込みが必要です。申し込みはこちらのフォームから 

講座概要と、講師からのメッセージを紹介します!

f:id:jcej:20161115000028j:plain

<講座概要>

どうすれば取材でいい質問、そして、いいコミュニケーションができるのか。「人から話を聞き出す方法」について考える講座です。レクチャーでは、講師が学んできた「異文化コミュニケーション」を踏まえ、全員が他人であるという大前提を理解した上で、取材における事前準備の重要性について学びます。ワークショップでは、人の会話を聞いた瞬間に5つの質問を作るなどの「アクティブリスニング」という手法を体験することで、聞き方のコツや取材テクニックを学びます。

 

<講師の鎌倉幸子さんからメッセージ> 

どうしても人に伝えたいことがあって、取材を行い、記事にしていく。でも取材をしながら、「本心を聞くことができているのだろうか」と不安になることもあるのではないでしょうか。今回はアクティブリスニングの手法を中心として人から声を聞きだす力についてお伝えする講座です。

ジャーナリストの仕事は「声なき声を伝える仕事」だと思っています。人道研究をしているHugo SlimとPaul Thomsonは”If being poor means having less of a voice, then being the poorest of the poor means being the most silent of all.” と述べています。翻訳すれば「もし少ししか声を発することのできない人を「貧しい」と意義付けるのであれば、最も貧しいひとは最も沈黙することを余儀なくされている人のことである」となるでしょうか。

東北の人たちの声に光を当てていきましょう。

 

<会場情報>

 11月26日(土)13時から15時30分:宮城復興局会議室宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル13階)

11月27日(日)13時から15時30分:いわき生涯学習プラザ福島県いわき市平字一町目1番地ティーワンビル内)

<参加費> 資料代500円(アカデミック・リソース・ガイド代表の岡本さんの著書『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』が含まれます)

講座は、復興庁の「新しい東北」情報発信事業に選定された「ローカルジャーナリスト育成事業」の一環です。これまでの講座の様子は以下の記事から。

jcej.hatenablog.com

 

青森県八戸市と岩手県紫波町で「東北ローカルジャーナリスト育成講座(ウェブで伝わる文章の書き方)」を開催しました

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、11月12日に青森県八戸市、13日に岩手県紫波町で「東北ローカルジャーナリスト育成講座」『ウェブで伝わる文章の書き方』を開催しました。岡本真さん(アカデミック・リソース・ガイド代表)を講師に招き、誰でも気軽に発信できる時代だからこそ、どうすれば相手に伝わる文章が書けるのかを参加者と共に考えました。

f:id:jcej:20161113140716j:plain

"伝える"と"伝わる"の違い

「そもそも、『伝わる』とはどういうことだと思いますか」。講義の冒頭、岡本さんは参加者に問いかけました。会場からは「誤解を生まないこと」「主張が分かりやすく相手に伝わること」など様々な意見が出ましたが、岡本さんは「自分が相手に期待するアクションをしてもらえること」と定義しました。

青森会場の参加者からは「相手のアクションがなければ伝わったことにはならないというのは、これまであまり意識していなかった。新たな発見だった」という感想がありました。

f:id:jcej:20161113150012j:plain

「消せばいい」はウェブでは通用しない 

講座では、ウェブ発信の可能性だけでなく、気軽に発信できるからこそ潜む「リスク」についても学びました。

ウェブで書いた内容は一度拡散されてしまうと、都合が悪くなっても簡単に消すことはできません。岡本さんは「原則的に全世界に対して公開されることを常に認識する必要がある」と話しました。

また「過度な期待を抱かせるような、”煽り”の表現は慎んだ方がいい。一時的には見てもらえるかもしれないが、その後は二度と信頼されなくなる」とも注意喚起しました。
その上で、たくさんの人に伝えられるウェブをうまく活用して「地域の人だからこそ分かる東北の課題や実情、可能性を発信してほしい」と参加者に伝えました。

 岩手会場で参加した、東北の地酒を地域の外に紹介する活動をしているという女性は「発信したいが、文章を書くのが苦手なので参加した。日本酒の文化は、必ずその土地や人とつながっていると思う。日本酒を通して東北の魅力も伝えていきたい」と話していました。

 

f:id:jcej:20150605192147j:plain 

<講座で使用した資料はこちらでご覧いただけます>
http://www.slideshare.net/arg_editor/20161112-jcej

 

本講座は、復興庁の「新しい東北」情報発信事業に選定された「ローカルジャーナリスト育成事業」の一環です。 秋田・山形会場では『地域の魅力を再発見するには』(講師:田中輝美) 、宮城・福島会場では『取材で話を「聞き出す」力』(講師:鎌倉幸子)をテーマに行われます。詳細は以下をご確認ください。

  ・参加には事前の申し込みが必要です。申し込みはこちらのフォームから

 

jcej.hatenablog.com



外に伝わらないもどかしさを解決する『地域の魅力を再発見するには』横手市ほたる、群言堂山形店 で開催!

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)が復興庁と連携し、東北6県で開催する「地域の外とつながる情報発信」講座。ローカル・ジャーナリスト田中輝美さん(@terumism)による『地域の魅力を再発見するには』を、11月19日(土)に秋田県横手市、20日(日)に山形市で開催します。両講座とも13時開始、15時30分終了予定です。

・参加には事前の申し込みが必要です。申し込みはこちらのフォームから 

講座概要と、講師からのメッセージを紹介します!

f:id:jcej:20161113204430j:plain

<講座概要>

地域の魅力を再発見するためのヒントを、レクチャーとワークショップを通して学びます。レクチャーでは、地域の魅力やニュースを地域の外に発信する「ローカルジャーナリスト」がいまなぜ求められているのか、社会背景やその意義を解説します。

ワークショップでは、参加者に自分が伝えたいと思う地域の魅力を言語化してもらい、それは本当に「外に伝わる」魅力になっているのかについて議論。ターゲットや「ギャップ」への着目など、外に伝えるために意識すべきことを考えます。

<講師の田中輝美さんからメッセージ> 

「地域の情報を発信しているのに、外に伝わらない」ともどかしく思っている人がいるかもしれません。一方で「地域に発信できるものが何もない」と思っている人もいるかもしれません。結果的に地域のことが外に伝わっていない。この課題を解決し、地域の中と外をつなぐのが、ローカルジャーナリストの役割です。

この講座では、外に伝えることを意識した地域の魅力の再発見を一緒に考えたいと思います。東北の魅力を発信したい!という方の参加をお待ちしています。

 

<会場情報>

11月19日(土)13時から15時30分:増田の街並み案内所「ほたる」秋田県横手市増田町増田字上町53)

11月20日(日)13時から15時30分:サテライトショップ群言堂 山形店山形市七日町2-7-6) <参加費> 資料代500円(アカデミック・リソース・ガイド代表の岡本さんの著書『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』が含まれます)

講座は、復興庁の「新しい東北」情報発信事業に選定された「ローカルジャーナリスト育成事業」の一環です。宮城・福島会場では『取材で話を「聞き出す」力』(講師:鎌倉幸子)をテーマに行われます。詳細は以下をご確認ください。

情報発信の可能性とリスクをセットで学ぶ『ウェブで伝わる文章の書き方』八戸はっち、オガール紫波で開催!

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)が11月に東北6県で行う「地域の外とつながる情報発信」講座。アカデミック・リソース・ガイド代表で、『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』(講談社新書)の著者である岡本真さん(@arg)による『ウェブで伝わる文章の書き方』を、11月12日(土)に青森県八戸市、13日(日)に岩手県紫波町で開催します。両講座とも13時開始、15時30分終了予定です。

講座概要と、講師の岡本さんからのメッセージを紹介します!

f:id:jcej:20161106142155j:plain

 <講座概要>

FacebookTwitterで気軽に発信できる時代。だからこそ書いて終わりではなく、「伝わる」とはどういうことなのか、レクチャーとワークショップを通して考えます。ワークショップでは、イベントのお知らせを実際に参加者に書いてもらい、互いにレビューしあうアクティビティーを行う予定です。「日時などの要点が一目で分かる」「長々と文章を書かず、箇条書きや改行を適切に入れる」「画像を使う」といった工夫で、「見せること」を重視した書き方を学びます。

<講師の岡本真さんからメッセージ>

ウェブでの発信は誰でも気軽にいつでもできます。ただ、ときどき気にならないでしょうか?本当に自分の発信は人に届いているのだろうか?伝わっているのだろうか?と。

たとえば、イベントの告知がうまくいかず、参加者が集まらないということはありがちです。絶対的な必勝法はないのですが、それでも表現一つでまったく違う結果になることもあります。この講座では、そんな考え方と書き方を実践的に考えながら書きながら、一緒に学んでいきます。

また、あわせてウェブでの発信のリスクも考えたいと思います。気軽に発信できるがゆえに、そしてときには大きな反響を得られるだけに、ウェブでの発信には思いもしないリスクが潜んでいます。ウェブの可能性を最大限に引き出すにはリスクを十分に理解しておくことが欠かせません。

可能性とリスクをセットで学びましょう。

<会場情報>

11月12日(土)13時から15時30分: 八戸ポータルミュージアムはっち 5F(青森八戸市三日町11-1)八戸会場は、10日まで上記会場で電話での申込みも受け付けます。 TEL:0178-22-8228

11月13日(日)13時から15時30分:オガール紫波 市民交流スペース(岩手県紫波郡紫波紫波中央駅前2-3-3)

<参加費>

資料代500円(講師の岡本さんの著書『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』が含まれます)

講座は、復興庁の「新しい東北」情報発信事業に選定された「ローカルジャーナリスト育成事業」の一環です。 秋田・山形会場では『地域の魅力を再発見するには』(講師:田中輝美) 、宮城・福島会場では『取材で話を「聞き出す」力』(講師:鎌倉幸子)をテーマに行われます。詳細は以下をご確認ください。

jcej.hatenablog.com

 

【参加者募集】「地域の外とつながる情報発信」を学ぶ 東北6県で基礎講座を開催します!

東北

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、11月に東北6県で「地域の外とつながる情報発信」を学ぶ基礎講座を開催します!東北のニュースや新たな魅力を、地域内にとどまらず全国に発信するための力を身につけます。市民ライター、NPO・行政関係者、企業の広報担当者、マスメディア記者、研究者、デザイナーなど、情報発信に携わる方ならどなたでもご参加いただけます。復興庁の「新しい東北」情報発信事業に選定された「ローカルジャーナリスト育成事業」の一環として行います。

 

f:id:jcej:20161005121856j:plain

講座は、第一線で活躍する講師3人がそれぞれのテーマで開催。ウェブ上で相手に伝わる文章の書き方、住み慣れた地域の魅力を再発見して「ニュース」を見出す視点、どうすれば取材相手から深い話を聞きだせるのか... 簡単なワークショップを交え、基礎から楽しく学びます。お申込みはこちらのフォームから。たくさんのご参加をお待ちしています!

参加申込はこちら

--------------------------------------------------------------------------------
「地域の外とつながる情報発信術」 東北ローカルジャーナリスト育成講座

<日程・会場> 
全講座とも13時開始、15時30分終了予定

青森県 11月12日(土)
 八戸ポータルミュージアム はっち青森県八戸市三日町11-1)

岩手県 11月13日(日
 オガール紫波 (岩手県紫波郡紫波町紫波中央駅前2-3-3)

秋田県 11月19日(土)
 増田の街並み案内所「ほたる」 (秋田県横手市増田町増田字上町53)

山形県 11月20日(日)
 サテライトショップ群言堂 山形店 (山形県山形市七日町2-7-6)

宮城県 11月26日(土)
 宮城復興局会議室 (宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル13階)

福島県 11月27日(日)
 いわき市生涯学習プラザ福島県いわき市平字一町目1番地ティーワンビル内)

※会場により内容が異なります。複数の講座にお申込みいただくことも可能です。

 

<講座内容>
青森・岩手会場 『ウェブで伝わる文章の書き方』(講師:岡本真)
秋田・山形会場 『地域の魅力を再発見するには』(講師:田中輝美)
宮城・福島会場 『取材で話を「聞き出す」力』(講師:鎌倉幸子)

 

<定員>
各会場30名

<お申込み方法>
応募フォームに必要事項を記入の上、送信してください。
※定員になり次第、締め切ります。

<参加費>
資料代500円

 

<講師プロフィール>
岡本真(おかもと・まこと)
アカデミック・リソース・ガイド代表
著書:『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』(講談社)


田中輝美(たなか・てるみ)
ローカル・ジャーナリスト
著書:『地域ではたらく「風の人」という新しい選択』(ハーベスト出版)


鎌倉幸子(かまくら・さちこ)
アカデミック・リソース・ガイド リレーションズ・ストラテジスト
著書:『走れ!移動図書館:本でよりそう復興支援』(筑摩書房)

 

参加申込はこちら

 

JCEJはこれまでも、福島県などで「ジャーナリストキャンプ」を開催し、地方からの情報発信を強化する取り組みを行ってきました。東北での新たな機会を通じて、全国に発信できる書き手の育成をサポートしていきたいと思います。

 

「東北ローカルジャーナリスト育成事業」については、こちらの記事もご覧ください!

jcej.hatenablog.com