読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の活動を紹介しています!

『ガングロと新聞社 「絶滅危惧種」同士の生き残りかけた作戦会議』(withnews) #ジャーナリズムアワード 出展作品19

1月28日(土)に東京・法政大学で行われる「ジャーナリズム・イノベーション・アワード2017」(主催:日本ジャーナリスト教育センター、共催:法政大学社会学研究科)の作品を紹介します。今回は、withnewsによる新聞社とガングロギャルの生き残りをかけた作戦会議を紹介します。

出展作品19 『ガングロと新聞社 「絶滅危惧種」同士の生き残りかけた作戦会議』(withnews)

f:id:jcej:20170120141413j:plain

<作品概要紹介>

年々部数が減り続け、斜陽産業と呼ばれる新聞社。もはやどこに生息しているのかすら不明なガングロギャル。「絶滅危惧種」同士で、この危機を脱出し、生き残るための方法を一緒に考えてもらいました。

 

記事はフェイスブックで4千を超えるシェアを集め、「泣いた」「電車内で吹いた」「こんな記事作るくらいだから、まだまだ余裕ありますね(棒)」「カラコンずれた」など、様々な反響をいただきました。

 

当日は、会場にガングロギャルをお招きし、あらためて新聞社、これからのメディアについて皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 

<作品へのリンク>

ガングロと新聞社 「絶滅危惧種」同士の生き残りかけた作戦会議

「ジャーナリズム・イノベーション・アワード2017」の作品応募に関しては下記のブログを参考にしてください。

【一般参加者について】一般参加者は、作品展示を見ながら出品者と交流、賞を決定する投票を行うことが出来ます。参加費は1,000円(受付でお支払ください)、学生は無料です。詳しくは下記のブログをごらん下さい。