読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の活動を紹介しています!

春のインターン学生が動画取材や写真展運営に挑戦しました!「大槌みらい新聞」活動報告9

大槌PJ

大槌みらい新聞では春休みの期間に学生インターンを募集しました。関東や関西から集まった6名が2月中旬から3月下旬にかけて、それぞれ2週間〜1ヶ月間参加し、町民を対象にした写真や動画ワークショップや、写真展の運営、動画での取材などに挑戦しました。

初めて行った動画ワークショップでは、基本的な操作方法を参加者に説明したり、参加者にニュース原稿を読んでもらい、撮影した動画をその場でテレビにつないで鑑賞したりしました。参加者からは「写真は撮ったことあるけれど、動画は撮ったことがない」という不安の声もありましたが、実際にビデオカメラを触って使い方を練習するうちに「簡単だね」と理解してくださった方や、「このビデオカメラいくらするの?」、「買うよ!」と言ってくださる方もいました。

ワークショップに携わった学生は、「地元の方に聞いた津波の様子やその時の体験は、それまでテレビや新聞で見たり聞いたりしたもの以上のリアルさがあり、あの震災は遠い東北で起こったことではなく、ここで起こったことなのだとリアルに感じることができました」、「談話室で私たちが他の土地から大槌にやってきたことを話すと地元の方が『私たちを気にかけてくれてありがたい』と嬉しそうにしてくださったのが印象に残っています」などの感想を残してくれました。

東京会場、横浜会場での写真展にも参加しました!物販や受付、記録などに活躍しました。
写真は取材を受けているところです。写真展は、東京、横浜会場とも非常に盛況で、3月20日に全日程を終了しました。

今回の学生たちは、ワークショップだけでなく、動画での取材にも挑戦しています。
撮影から、編集、ナレーションまでの全てを自分たちでやりました。

以下から作成した動画をご覧いただけます。ぜひご覧ください!

きらり福幸商店街にある「めかぶシフォン」を紹介しています

おらが大槌復興食堂の「おらが丼」を紹介しています

高校生がインドネシアの旅へ出るプロジェクトの事前研修の様子を紹介しています

3月11日、大槌町で行われた追悼式や慰霊の行事の様子を紹介しています

仮設住宅の集会所で行われたカラオケ大会の様子を紹介しています

(「大槌みらい新聞」インターン/JCEJ学生運営委員・木村 愛)


【前回までの報告】

【関連】

【支援のお願い】