#JCEJ 活動日記

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の活動を紹介しています!

写真展「大槌の宝箱」の東京会場が決定しました!「大槌みらい新聞」活動報告6

■写真展は東京・目黒の「やさしい予感」で開催します!

3月8日〜11日に開催する写真展「大槌の宝箱」東京会場は目黒駅から徒歩5分の「Gallery やさしい予感」で開催することとなりました!(こちらでもお知らせしています)築50年のギャラリーを改装したという素敵なところです。

●写真展「大槌の宝箱」東京会場●
日時:3月8日〜3月11日 12時〜20時(最終日は18時まで)
会場:「Gallery やさしい予感」
アクセス:JR目黒駅から徒歩5分(地図はこちら
イベント:大槌から来るおじいちゃん・おばあちゃんによる「お茶っこの会」と、ステッカーやTシャツ、ポストカードなどのグッズ販売も行う予定です。

大槌のみなさんの宝物、ぜひ覗きに来て下さい^^!

■大槌で安田菜津紀さんのワークショップを開催しました!

写真展に向けて参加者の皆さんで集まり、写真を選ぶワークショップを行ったり、ワークショップに参加できない人のところをまわって写真を集めたりと、バタバタしています。どうやって展示しよう?どうやって印刷しよう?など頭を悩ますことも多いですが、地元「オガサワラ写真」のみなさんが写真の印刷やサイズについてアドバイスをしてくださったり、ワークショップの会場を提供して下さったりとたくさん協力してくださっています!

写真展参加者で集まったワークショップには、フォトジャーナリストの安田菜津紀さんを講師に迎えました。ワークショップでは写真展に向けて自分が撮影してきた「宝物」の写真をそれぞれ紹介。震災後からずっと一緒に暮らしているペット、思い出の風景、仲間の笑顔の写真などです。どれを出品するか選べない...という方もついに決定できたようでした。「カメラが欲しい!」とどんなカメラを買うか相談される方、「星を撮るにはどうしたらいいの?」など様々な質問も飛び交いました。

応援やご支援をありがとうございます。こんなにたくさんのご支援や暖かい言葉を頂き、それに見合うものができるのか...と不安になることもありますが、素敵な写真展にできるようスタッフみんなで力を尽くして頑張っていきます!よろしくお願いします!

(「大槌みらい新聞」インターン/JCEJ学生運営委員・木村 愛)

【READYFOR?でご支援を募集しています】

【前回までの報告】

【関連】

【支援のお願い】